条件反射制御法学会選挙規定改正について


条件反射制御法学会の理事・監事選挙における立候補制を導入(2019年10月5日第 八回学術集会における総会にて規定を改正済み)に伴い、以下の2点を柱に、選挙規定改正が必要となりましたので、改正案を提案します。

①理事及び監事の立候補者数に過不足があった場合の投票方法について
②選挙管理委員から理事及び監事への立候補者が出た場合の対応について
別掲「条件反射制御法学会選挙規定新旧比較表」および「条件反射制御法学会選挙規定(案)」をご参照の上、ご審議願います。

(文責:飯野海彦)

0
    0
    選択した項目
    何も選択されていません