第二回 薬物自己使用等事犯者弁護 研修会

 
【開催日】平成25年2月23日(土)
【時 間】13:00〜17:30
【会 場】デイケアクリニックほっとステーション
時間内容タイトル講師
12:30〜受付
13:00〜開講式推薦の言葉奥田総合法律事務所所長
奥田保
13:10〜講義1I.自然の法則と社会の法の不適合と調整
1.行動の生理的メカニズムと条件反射制御法の基本
 ヒトの行動を司る反射と進化
 条件反射制御法の基本と実際
2.薬物需要削減のための取締処分と援助の∞連携
 規制薬物乱用者の有責性
 ヒトの行動に対応する∞連携
下総精神医療センター 平井愼二
14:50〜休憩
15:00〜講義2Ⅱ.薬物事犯者に対する刑事弁護
1.現行制度において更生に導く刑事弁護の方向
 1)∞連携における刑事弁護の役割
 2)被告人の問題の確認と治療・訓練の提案
 3)被告人の求めと真の利益の差異に対する調整と限界
2.弁護を支える援助機関の活用
 1)活用するべき援助機関
 ①精神科病院での治療
NPO法人アパリ事務局長
尾田真言
16:10〜休憩
16:20〜講義3 ②社会復帰施設での訓練日本ダルク代表 近藤恒夫
16:40〜講義4 2)保釈の取り方奥田総合法律事務所所長
奥田保
17:30〜休憩
17:40〜講義5 3)保釈中の援助機関の利用
 4)受刑後の治療・訓練の計画と設定
 ①受刑中の引受人
 ②帰住予定地の設定
3.将来の裁判と刑事弁護のあるべき姿
NPO法人アパリ事務局長
尾田真言
18:50〜質問と回答
19:00〜修了式修了証書授与
希望者は懇親会

Copyright© 条件反射制御法学会 , 2018 All Rights Reserved.