第二回学術集会

 

テーマ

行動原理にかなった技法と司法を求めて

開催概要

【開催日】2013年9月14日(土) / 15日(日)
【会 場】東洋学園大学 本郷キャンパス1号館2階 フェニックスホール
【住 所】東京都文京区本郷1-26-3

参加費について

会員:4,000円
非会員:5,000円

時間内容タイトル講師
第1日目 9月14日
9:00~受付開始
10:00~開会式開会挨拶野島照雄(下総精神医療センター 院長)
10:10~大会長講演パブロフ学説を一元とする治療と法制度の実現平井愼二(下総精神医療センター)
11:40~総会
12:00~昼休憩~オカリナ演奏~
13:00一般演題
14:00~公開講座困った悩み癖よ さようなら~よかったね。早めのパヴロフ~演者:
山田秀世(大通公園メンタルクリニック)
司会:
鈴木義也(東洋学園大学)
15:00~休憩
15:10~事例検討
16:40~当事者体験発表
17:30~懇親会
第2日目 9月15日
10:00~ダルクメンバーによる太鼓演奏
10:10~体験講座①キーワード・アクション設定演習
②疑似刺激補助ツール演習
12:00~昼休憩
13:00~一般演題
14:00~討論会「常習者による覚醒剤自己使用の有責性と処遇」
問題提起:
平井愼二(下総精神医療センター
シンポジスト:
尾田真言(NPO法人アパリ)
飯野海彦(北海学園大学)
大久保聡子(北千住パブリック法律事務所)
指定発言:
山本輝之(成城大学)
司会:
長谷川直実(デイケアクリニックほっとステーション)
15:30~閉会式

Copyright© 条件反射制御法学会 , 2018 All Rights Reserved.